委員会紹介


50周年実行委員会

委員長 中村 祐介
基本方針

春日井JCは50周年の節目を迎えます。このまちをよりよくする想いは今までの活動の中で「現在」の私たちに受け継がれてきました。「過去」を振り返り、忘れてはならない創始の精神と「未来」につなげる変革の精神を継承し、覚悟をもってさらなる一歩を踏み出して、私たちがともに行動することで、次代の春日井へ襷をつなげる必要があります。

先輩諸兄、各地青年会議所、そして行政の方々へ感謝と敬意を表すために壮大かつ精悍な式典を開催します。さらに市民へ感謝の気持ちと、これからもより春日井JCを知っていただくため、次代の春日井を創り上げていく市民、行政と歩み寄り、現在だからこそ身近にある、新しきより良いものを取り入れ、普段では体験できない非日常的な空間をまちの人びととともに創り上げます。
そして、未来へ発信していくことにより今までにはない50周年の節目としてふさわしい周年事業を創ります。その活動内容をしっかり記憶と記録へ残します。そして、私たちが他団体の事業へ参加することで市民との交流を深めます。

私たちが力を合わせともに創り上げるこの節目の年を、覚悟をもってやりきることで、団体として変革し自信に溢れ、これからも続く春日井JCの未来へつながると確信します。


ビジョン策定委員会

委員長 東 季実子
基本方針

春日井JCは、今年で50周年を迎えることとなり、我々の青年会議所運動も時代に合わせて次のステージに進むための転換期の年となります。しかしながら日々は駆け抜ける様に過ぎてしまいます。そのため、5年後さらにその先の未来像を見据え、実現に向け新たなる道標を決め、一丸となって想いを今すぐ行動に移す必要があります。

ビジョン策定委員会では、春日井JCが内から輝き、まちにとって信頼ある必要不可欠な団体となるべく明確な未来像を創造します。まずは、先輩諸兄が築き上げてきた49年の伝統と歴史を学び、その中から現在の課題を導き出し、その課題について議論を重ね、行動指針を策定して発表します。 そのために、新しく今後5年の活動指針となる第7次中期ビジョンを策定し実行していくことにより、45周年時からの指針である第4次長期ビジョンの達成にもつなげます。その後、次代に想いをつないでいくためLOMメンバーへの浸透に力を入れ、未来像の達成に向け今の改善を推進していきます。

意識の向上と信頼が団体の存在価値を上げ、LOMメンバーが同じ方向を向き行動することで誰もが憧れる魅力的な組織へと生まれ変われると確信します。


会員拡大委員会

委員長 大島 淳
基本方針

我々が日々青年会議所運動を展開できるのは49年という先輩諸兄が築き上げられてきた歴史の中で会員拡大運動が毎年行われ多くの同志が入会し会員数を増やしてきたからです。春日井JCが今後もまちや市民から必要とされる団体であり続けるためには会員数を増やし、様々な考えをもった人財を迎え入れて活動していくことが必要です。

今年度、会員拡大委員会では「勇往邁進」をテーマに活動して参ります。候補者に50周年という春日井JCの歴史と魅力を伝える絶好の機会でもあります。自らの力をも超える行動力でLOMメンバーの先頭に立ち、全員を巻き込んでいきます。 言葉よりも行動で示すことによってLOMメンバーの拡大意識も変化すると考え、紹介や目標人数の共有、そしてJC運動をしていく上での拡大の必要性を認識してもらい、力強い会員拡大活動を展開していきます。

又、入会した新入会員には事業や例会に参加していただき、JCでしかできない学びを伝え、今後のJC活動につながるよう継続的なサポートをして参ります。 会員拡大委員会が先頭に立ち、一人でも多くの拡大をすることで春日井JCの活動を継続的に広げ、今後も市民にとって必要とされる誇り高き団体へと成長し続けます。


魅力溢れるJaycee育成委員会

委員長 鈴木 雄一朗
基本方針

春日井JCは、まちづくりやひとづくりを行いながら様々な運動を通して多くの人々と出会い、気付きや学びを育むことで、自己成長につなげる人財育成の場であります。そして、より市民から信頼を得られるには、そのような春日井JCの運動によって自己成長を遂げた多くの魅力溢れるJayceeが必要不可欠です。

魅力溢れるJaycee育成委員会では、自身の向上につながる事業を展開していくことで、参加者にJCの魅力を知ってもらい、学びを得ることで自身の可能性を広げ、活動の原動力を生み出します。 又、一歩を踏み出す勇気を学び、新入会員予定者及びLOMメンバーが一人ひとりの自己成長の場として、自らの意志で気付くことで、共に活動する仲間とのつながりの大切さを学びます。意義と目的を考え、主体性をもって活動することの重要性を学んでいただきます。経験することで得た知識を基に同志へと伝播することで個人の意識の変革を行い、仲間とともに切磋琢磨することで組織全体の資質を向上させます。

自己成長に自信と誇りをもったJayceeが活動することで、より魅力ある組織へと飛躍した春日井JCがまちや市民を牽引し、より屈強な信頼を構築していくと確信します。


総務事務局

局長 金子 裕貴
基本方針

春日井JCは、春日井のひとやまちに向けて事業を行うため市民に発信し実行する公益団体です。その各事業の実行の有無を決める総会及び理事会は厳粛な取り決めを守ることで成立します。その約束の積み重ねが組織を支えており、公益社団法人として厳格な組織運営を継承するために、約束の大切さを再認識することが必要です。

そのため総務事務局は、時間とルールを遵守し、時間通りに完遂する理事会及び総会を運営し、定款を見直して必要な個所を改善することで質実剛健な組織を作ります。又、会議を合理的で意義のある場にするために、参加を促し、LOMのルールの周知を行うことで、組織運営の問題点を明確にして対策をすると同時にコンプライアンスも遵守していただきます。
そして公益法人の維持・管理では、能率的な組織運営のために、専門的な知識を取得して、自力での役員登記を行い、事業予算の費用対効果の検証をし、堅実に公益比率の管理をすることで、洗練された公益法人としての維持・管理を行います。

LOMメンバー全員が一心になって事業に臨む姿は、まちのひとの心を打ち、又、誠実な運営から、まちの未来を担うに足る、必要不可欠な団体になることを確信します。


JCブランド確立委員会

委員長 山川 洋子
基本方針

独立した団体として、まちを想い未来につながる学びを広げていく運動を行っている組織は春日井にはJCの他にありません。私たちの運動に共感していただける人が増えることにより、まちがより良い未来に向けて進んでいきます。だからこそ春日井JCの組織としての存在価値を上げ、ファンを増やすためのブランディングが必要と考えます。

春日井JCの名を多くの層に広めるため、人々が満足する事業を発信し、興味を引き積極的に関わりたいと思ってもらうことで知名度アップにつなげます。まずは身近な人々にもJCがあり1番いいまちと感じてもらうため、全LOMメンバーが発信し、愛する人や仲間に枝分かれしていき、無限に広げます。 各種メディアやSNSも最大活用し、幅広い層の人々に、話題性、社会性を露出し存在価値を上げます。50周年という組織の歴史も対内に伝えていくために、LOMメンバーの魅力も最大限に引き出し、より良いブランドイメージに導くための組織運営を学び、共感を得られる情報発信に取り組んでいきます。

JCだから安心、安全を入口とし幅広い層の人々へ学びを得ていただき、運動に共感する人が増えることで組織の存在価値とまちの未来への展望が向上します。


次代のリーダー育成委員会

委員長 立石 圭佑
基本方針

先人たちから受け継いできた日本人の在り方を学ぶことが、今を生きる私たちが在ることへの感謝につながっています。だからこそ、他人を想いやり行動する大切さを再確認し、一人では成し遂げることが出来なかったことも大勢の力を結集して切磋琢磨し成功へと導くために「和」の精神をもった強く優しいリーダーの育成が必要です。

様々な体験を通じ多くの人とふれあうことで、人とのつながりの重要性を認識してもらい、互いの意見や価値観などから調和をはかることにより、一人では成しえないより素晴らしいものが出来上がることを実感してもらいます。そのうえで積極果敢に行動することで他人を惹きつけていき、その中で自己肯定感を感じてもらいます。 又、次代を担う子供たちに対し、日本の歴史を知り、先人に畏敬の念を抱くとともに、日本人としての自覚と責任感を養ってもらいます。そして、日本人として本来持ち合わせている「和」の精神を学び、 他人を想い、まちの未来を見据えて行動できる人財の育成をして行きます。

まちを牽引する強く優しいリーダーが次代を見据えて行動し、人々を惹きつけることで一人ひとりの意識が変わり、想いやりにあふれたまちに変わっていくと確信します。


活力あるまち創造委員会

委員長 服部 紘直
基本方針

我々の住まう春日井は、ベッドタウンとして発展を続け、様々な施策によって魅力あるまちづくりに取り組んでいます。しかし、将来的な人口の減少やそれに伴う税収の減少は予想されており、地域のリーダーたる我々が積極的に市民・行政・関係各所と連携をはかり、様々な問題解決の方法・政策を主体的に考えていく必要があります。

活力あるまち創造委員会では、高蔵寺ニュータウンの活性化が春日井の再発展につながると考え、まちの魅力を活かした新たな仕組みの創設を提言し、その実現に向けた働きかけを行政・他団体へ行ない、春日井のまちの価値を高め、次代への発展につなげます。 世代や職種、地域の枠を超えて、市民から春日井をより良くするためのアイディアを補完し、市外からの転入者が安心し働きやすい環境の整備、そして、今現在ここで暮らす人々が住むことの楽しさ、幸せを感じられるまちを実現するために活動して参ります。又、次代を担う子供の健全な成長を考え、実体験の場を提供していきます。

これらの事業展開を通じ、春日井JCが今以上に地域からの信頼を得、市民・行政にとって掛替えのない存在であり、活力あるまちづくりの牽引役となれると確信します。


渉外広報活動実行委員会

委員長 竹内 禎浩
基本方針

(公社)日本青年会議所の青年経済人の可能性を集結させた事業には多くの自己研鑚の機会があります。事業に参加することで得ることができる自分自身への気づきや様々な学び、そして、仲間とともに体験し、感覚を共有できるからこそ育つ友情や信頼など多種多様な成長の場となっており、その成長はLOMの活力の基礎となっていると考えます。

渉外事業に一人でも多く参加していただくため、丹精渉外をテーマに人生の糧となる学びがあることを熱く伝えていきます。又、開催地ではおもてなしの心で設営をしLOMメンバーの一体感を演出します。春日井JCを代表して出向するメンバーへは、一人でも多くのLOMメンバーで一丸となった応援ができるよう委員会メンバーで下支えしていきます。とうかい号一般乗船者へは多くの学びが得られるように支援していきます。 出向者の方には、出向先で得た気づきや学びを伝える場を設け、LOM内で共有することで春日井JCの活力となり、出向先での成果を知ることで出向の魅力を伝えていきます。

渉外事業で得る様々な想いや感動、友情が個の幅を広くし、出向先で得た気づきや学びはLOMメンバーや委員会の活力となり、春日井JCは活力溢れる組織へと成長します。


新入会員募集!